トラックのチャーター便で取り寄せたというネタの寿司は最高だった!

大切な人を招いてのパーティーを開くことになりました。
そこで利用したのがトラックのチャーター便、ある地域から寿司ネタをわざわざお取り寄せしたのです。
もちろん今の時代、海のない県でも流通がしっかりとしているのですからいくらでも近県から寿司ネタは手に入ります。
でも同じく魚が大好きな彼に最高級の味を楽しんでもらいたかったのです。
それだけの価値はあり、最高の贅沢が出来ました。
ただ考えてみると、他にも使い道はさまざまありそうです。

特別感があるチャーター便ってなに?

飛行機や船を貸しきるのに比べるとそれほどではないものの、トラックのチャーター便も特別感があります。
何しろその一台は自分のために遠くから自分の荷物だけを運んできてくれるのです。
とはいえ今回は貸しきるほどの量はありませんでしたから、使うのはボックスチャーター便でした。
専用のボックス分だけが自分のテリトリーです。

大量の荷物だとそれぞれに送料をかけていては無駄が多いです。
そうでなくとも、大切なものであればあるほど他の荷物とぶつかって破損したり、一部が間違って違うところに運ばれていってしまう口割れは避けたいものです。
それがチャーター便を利用する理由であり、場合によってはこちらを使った方が安く抑えることが出来そうです。
何しろ、魚に傷を付けることなく新鮮なままの状態でパック詰めされ、そのまま全く開けられることは無く我が家まで届いたからこそ美味しいお寿司にすることが出来たのですから、必要経費というわけです。

どんなときに使われる?

引越しの荷物を送るのに、業者がやってきてすべての荷物を1台のトラックに詰めて新居まで運んでいってくれます。
これも一種にチャーター便ではないでしょうか。
何しろ何軒ものお宅を経由するようなことは無いですから一直線に届けられます。
途中で一部の荷物が行方不明にといった事態が起こるようなことはありません。

一般庶民だとトラック1台貸切といったほど高価なものを配送するような機会はないかもしれませんが、思い出の品とかだったらもう二度と手に入らない貴重なもの、ボックスで守ってもらいながら安全に運びたいというのは当然のことでしょう。
通常の詰め合わせ運送だと、もちろん積み方など工夫は施されており安全性は高くなってきていますが、他の荷物とぶつかって破損する・汚れが付着するという可能性はボックスに入れるよりも確実に高くなってしまうのです。
それを避けるために利用している方は少なくはないようです。
こちらも寿司で味を占めましたから、また別の機会にも試してみたいものです。

コメントする

すべての欄は必須項目です。メールアドレスは公開されません。